AGAは男性ホルモンの影響

 

髪が薄くなるのは遺伝だから仕方がないなんて言う人もいますが、まだまだ20代、30代、40代ともなれば、髪が薄くなるのはちょっと早いですよね。

白髪なら染めたら何とか隠せるけど、薄くなってきてしまうと、隠すにも隠せない、帽子を被っても余計蒸れて髪によくなさそう…。

そんな悩める薄毛の問題、もしもその原因がAGAであるなら、薄毛の進行を止めることもできるのです。

AGAなんていうと難しく聞こえてしまいますが、男性の薄毛の原因の多くの割合はこのAGAであると言われているのです。

AGAというのは男性特有の薄毛の原因であって、男性ホルモンが影響して髪が育たず、抜け落ちてしまうのです。

男性ホルモンというのは誰しもが持っている当たり前のものなのですが、思春期以降の男性ホルモンが急激に増える様な時期に男性ホルモンの変異でAGAになる可能性があります。

髪というのは、頭皮から生え、そして成長し、最初は細くて柔らかかった髪も時間とともに太くしっかりとした髪に成長し、そしていずれ抜け落ちるというサイクルなのですが、男性ホルモンが変異することで、髪の成長が完全でないまま抜けてしまうので、赤ちゃんの様な産毛の状態から脱毛という狂ったサイクルになってしまいます。

男性ホルモンはひげの成長、筋肉や生殖器の成長に大いに役立つものなのですが、頭皮にいたってはなぜか5αリダクターゼという酵素によって、髪に良くない影響を与えてしまうのです。

お勧めサイト・・>AGA(男性型脱毛症)治療|大阪市梅田のAGA治療専門病院 脇坂クリニック大阪